お鍋の残りで 豆腐パスタ

お鍋の残りで豆腐パスタ

豆腐と春菊で作るのさ。崩れた豆腐がパスタに絡んでいくのさ。

お鍋の残りで豆腐パスタ

材料(2人分)

パスタ(フェデリーニ)
2人分
絹ごし豆腐
1丁
春菊
根元で繋がってるのを2つくらい
アンチョビペースト
ニョロっと3cm
にんにく
1かけ
鷹の爪
1本
オリーブオイル
大さじ2
少々
荒引き黒胡椒
少々

つくりかた

  1. にんにくは叩き潰し、鷹の爪は2つに折って種を取り、春菊は茎の部分を小口に、葉の部分はざっくりと切る。さあパスタを茹で始めよう。
  2. フライパンに油をしき、にんにくと鷹の爪とアンチョビペーストを弱火で炒め、香りがたってきたら春菊の茎を入れ、油がまわったら茹で汁をお玉1つ分くらい入れる。
  3. 豆腐を入れてざっくりと崩す感じで炒めたら、春菊の葉の部分を入れ、茹で汁で若干ジャブジャブ気味に炒める。
  4. 塩胡椒で調節してから、茹で上げた麺とチーズを入れる。溶けたチーズで粘度が付き過ぎない内に盛り付けて食べれ。

東京・中野の香港亭の『雪花豆腐』という中華料理をヒントに作ってみたレシピです。

カテゴリー: レシピ タグ: , パーマリンク

シェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA